今も抱かれる望郷の念——湾生と台湾

今も抱かれる望郷の念——湾生と台湾

1895(明治28)年から終戦まで、台湾は日本の統治下に置かれていた。日清戦争後の下関条約で割譲が決まり、台湾および澎湖地区は大日本帝国の一部として統治されることとなった。その後の半世紀、統治機関として設けられた台湾総督府は各種産業インフラを整備し、統治の体制を整えていった。
see Facebook

日本統治時代の台湾に生まれた本島人「湾生」。
高齢化で人数は減ったけど、日本と台湾の歴史を繋ぐ方々です。
台湾映画「灣生回家」はそんな湾生を描いています。

日本でも早く上映して欲しいね^^

★電影《灣生回家》正式預告 – 10/16 落葉歸根 感動獻映