傾注於《被出賣的臺灣》裏的深情——訪「灣生」川平朝清

傾注於《被出賣的臺灣》裏的深情——訪「灣生」川平朝清

二戰結束後不久在臺灣發生的混亂和「二二八事件」,現已在海內外廣為人知,《被出賣的臺灣》一書記述了那段歷史。該書作者柯喬治曾是臺北高等學校的英語教師。「灣生」川平朝清曾受過柯喬治的教導和熏陶,讓我們來聽他聊聊那個時代的事情。
see Facebook

・(日本語記事)『裏切られた台湾』に込められた思い——「湾生」・川平朝清さんに聞く

台湾生まれの日本人、湾生。
台湾映画「湾生回家」が人気でしたが、湾生・川平朝清さんのインタビュー記事が公開されました。
台中生まれの川平さんはタレントの川平慈英さんのお父さんで、台湾放送協会やNHKのアナウンサーでした。

台北高校時代のジョージ・H・カー(George H. Kerr)先生の思い出や、先生が後に出版した『裏切られた台湾』のことが書かれています。

ぜひ一読を!

・川平 朝清KABIRA Chōsei
1927年、日本統治下の台湾台中に生まれる。
1946年、台北高等学校を卒業。在学時に『裏切られた台湾』の訳者、米ワシントン大学終身名誉教授(神経病理学)の蕭成美氏と出会う。
戦後は沖縄に引き揚げ、RBC琉球放送の設立に尽力。
1953年、米ミシガン州立大に留学し、ジョージ・カー氏と再会。
以来、氏の薫陶を受ける。1967年、沖縄放送協会会長に就任。
1972年、沖縄の本土復帰に伴い、沖縄放送協会が解散。家族と共に東京に移り、NHK経営主幹に就任。1992年より学校法人昭和女子大学英文科教授、副学長、副理事長などを歴任し、現在、同大学名誉理事。川平家は琉球王朝につながる家柄で、昔から通訳や広報に関する仕事に従事している。
キャスターでタレントのジョン・カビラさん、実業家で米国在住の川平謙慈さん、タレントの川平慈英さんら3兄弟の父でもある。

・裏切られた台湾
http://amzn.to/1QE53TO