公式招待作品・協賛企画 | アジアフォーカス

公式招待作品・協賛企画 | アジアフォーカス

台湾の文化、風景、生活模様が描かれた話題の秀作映画を通した文化交流イベント。台湾が誇る巨匠、ツァイ・ミンリャン監督の最新作『郊遊<ピクニック>』をはじめ、日本統治時代の”光”と”影”を映し出す対照的な『KANO ~1931海の向こうの甲子園〜』と『セデック・バレ』など計6作品を上映。今年10月から九州国立博物館で展覧会が開催される「台北 國立故宮博物院」にちなんだ『時の流れの中で』も注目。
see Facebook

福岡国際映画祭で台湾映画「KANO」が上映されます。
KANOだけでなく「台湾映画祭2014」として沢山の台湾映画が上映されます。
名古屋でも台湾映画祭があってほしいな^^