台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮 | 台湾 | トラベルjp<たびねす>

台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮 | 台湾 | トラベルjp<たびねす>

親日家が多い台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の1人が森川清治郎巡査です。日本統治時代1897年に渡台し、嘉義県副瀬村の派出所勤務となった巡査は、治安改善や教育改善等、村の発展に貢献。村の中心にある富安宮は、森川巡査が亡くなった後に巡査を慕う地元の人々により建てられ、巡査は土地神として祀られています。今回は、台湾の人々に尊敬されている森川清治郎巡査が祀られる富安宮をご紹介いたします。
see Facebook

嘉義の義愛公を知っていますか?
日本統治時代の警官・森川巡査の物語。

巡査の死後、村人達により富安宮が建設され土地神様として今でも祀られています。
日本と台湾の絆を感じますね。