台湾生まれ 日本語育ち

台湾生まれ 日本語育ち

三歳から東京に住む台湾人作家が、台湾語・中国語・日本語、三つの母語の狭間で揺れ、惑いながら、自身のルーツを探った四年の歩み。
「台湾と日本。ふたつの国家の間で、国とは何だろう? 国とはいったい誰のものだろう? と問いながらいつも生きています。個人にとって、国とは何か? わたしたちがあたりまえのように思い描く地図の上に引かれた境界線とは何か? 台湾が「日本」ではなくなった1945年から35年後の台湾に生まれ、その後、日本で育った一人の「台湾人」として、わたしは考えたい。」
see Facebook

【書籍】『台湾生まれ 日本語育ち』温又柔著

台湾に生まれて幼い頃に日本へ渡ってきた著者。
そんな彼女にとっての「母語」とは何か?
幼い頃に複数の国に住んだことがある人が共感するであろうことや、改めて「母語」「母国」とは何かを考えるきっかけになるかもしれない本です。

興味がある方はぜひ読んでみてね^^