第28回東京国際映画祭|The Kids | 10/26 17:35- | 10/29 12:00-

第28回東京国際映画祭|The Kids | 10/26 17:35- | 10/29 12:00-

中学2年のバオリーは校舎の屋上でいじめられていた上級生の女子ジアジアを助けて親しくなり、やがてふたりは関係を持つ。彼女の妊娠を知ったバオリーは学校を辞めて食堂で働き、ジアジアは女児を出産。ふたりは助け合って生きていこうとする。ところがバオリーの母がギャンブルで彼の稼ぎを使いこみ、またジアジアもバイト先の店長のジャウェイと愛人関係に。ふたりの生活は破綻していく…。幼いながらも1児の父母となってしまった10代のカップルを見つめた、女性監督サニー・ユイの第1作。ユイはチャン・ツォーチ監督の助監督を務めたのち、本作で念願の劇映画デビューを果たした。幼い妻=母という難しい役どころを演じたウェン・チェンリ…
see Facebook

東京国際映画祭に台湾映画「The Kids(小孩)」がエントリーしています!
日本でも早く一般公開して欲しいね^^

★劇情介紹
寶力與女友佳家同居懷孕後,兩人離開了校園,開始學習賺錢養家,卻不得不面對重重的現實難關。在餐廳當學徒的寶力、被現實壓垮而出軌外遇的佳家,再加上一個嗷嗷待哺的嬰兒,與將成家積蓄給輸個精光的寶力媽。面對眼前十坪不到的小套房住所和茫茫的未來,這對小伴侶將往何處去?理應是青春無敵年少輕狂的他們,將付出什麼代價來換取兩人的希望?

★作品解説
中学2年のバオリーは校舎の屋上でいじめられていた上級生の女子ジアジアを助けて親しくなり、やがてふたりは関係を持つ。彼女の妊娠を知ったバオリーは学校を辞めて食堂で働き、ジアジアは女児を出産。ふたりは助け合って生きていこうとする。ところがバオリーの母がギャンブルで彼の稼ぎを使いこみ、またジアジアもバイト先の店長のジャウェイと愛人関係に。ふたりの生活は破綻していく…。幼いながらも1児の父母となってしまった10代のカップルを見つめた、女性監督サニー・ユイの第1作。ユイはチャン・ツォーチ監督の助監督を務めたのち、本作で念願の劇映画デビューを果たした。幼い妻=母という難しい役どころを演じたウェン・チェンリン(『共犯』/TIFF14出品)の清楚な存在感が光る。また、食堂の主人役のカオ・モンチエ(『27℃―世界一のパン』/TIFF13出品)、ジアジアの愛人ジャウェイを演じたクー・ユールン(『カップルズ』)ら、現在の台湾映画を支える面々がしっかりと脇を固めている。台北映画祭2015出品。