釧路寄贈のタンチョウ、Kikaが公開

釧路寄贈のタンチョウ、Kikaが公開

昨年、日本の釧路市動物園から贈られたタンチョウのメス、Kikaが1月31日、台北市立動物園で公開。親鳥に育てられ、人を怖がるためオスのBigから4ヶ月近く遅れてのお目見え。その間、徐々に慣れさせたため、この日は大勢のメディアにも驚かず、駆けつけた釧路市動物園の山口良雄園長も、「これほど近づいたのは初めて」とびっくり。両動物園は友好協定も締結した。(中央社)
see Facebook

釧路のタンチョウ鶴、台湾で元気にやってます(^o^)/