AKB初の台湾メンバー17人合格 人数過多で再選考

AKB初の台湾メンバー17人合格 人数過多で再選考

ニュース| 人気アイドルグループ・AKB48初の外国人メンバーを決める『AKB48台湾オーディション』の最終審査が6日、台湾・台北市内で行われ、合格者17人が発表された。最年少は11歳、最年長は21歳。当初の予定を大幅に超す合格者を出したため、17人は台湾で一定期間のレッスンを積んだうえで改めて「最終選考」が行われ、通過者は年末年始をメドにAKB48メンバーとして日本で活動する予定。
see Facebook

AKBの新メンバーオーディションが台湾で行われました。
秋元康の想定を上回るレベルの高さで、当初予定よりも沢山合格者が出ました。
「参加者一人ひとりが、自己アピールのときに見せた屈託のない笑顔がとてもすばらしく、それが“台湾らしさ”として印象に残るすばらしいオーディションで、当初想定していた人数を、大きく超える17名の合格者を選ぶことになった」とのこと。

年末にはAKBの台湾人新メンバーが見られるようです。
いままでAKBに興味が無かった方も、台湾人新メンバーを応援したくなるね^^